子どもの病気 1

  発熱  

(1) 知っておいていただきたいこと

@ 熱は体の病原体の力を弱めると共に、体の免疫力を高める効果を持っています。
意識がなくなるような病気でなければ、あわてて解熱剤を使う必要はありません。

A 乳幼児は大人と違って発汗する力が充分でなく、大人のように体を温めて汗をかかせようとしても、ますます体温が上がるだけだということを知っておいてください。 高熱のときは手足が逆に冷たくなることがあります。 これは一時的な血液の循環不全のためです。 だからといって体を温める必要はありません。

B 多くの方が 「高い熱で頭がおかしくなる」 「障害が残る」 ことを心配されますが、そのようなことはありませんのでご安心ください。

(2) 38.5℃ を超えるような熱に対しては

1.まずはクーリング(体を涼しくして冷やしてあげること)

熱で顔色が真っ赤になっていませんか? 寒気がなくなったら極力薄着にしてあげてください。 「熱があるときに体を冷やす」 というのはなじめないかもしれませんが、一度は試してみればお子さんが楽になることが実感できると思います。 特に 【小学校に上がるまで】 はクーリングが本当に大切です。

@ 着ているものは 「Tシャツ または ランニング」 と 「パンツ」 だけにしてください。
寝るときはお腹にタオルケットで充分です。 布団はかけないでください。
こどもは熱に比較的強いので、これだけで眠れることが多いのです。

A それでも熱くて苦しそうであれば、「アイスノンや氷のう」 で冷やします。
タオルなどで包み、わきの下 ・足の付け根 ・背中 を冷やします。
「水枕 ・熱冷まシート」 の類は直接熱を下げる効果はありません。
気持ちよくしてあげるためのものですから、使用することはまったくかまいません。
顔色が真っ赤でなくなったら普通の格好にしてあげてください。
顔色がバロメーター です。

また、熱があるときは水分の必要量が増えます。イオン飲料などを充分に与えましょう。
食欲はなくて当たり前です。 無理に食べさせる必要はありません。

2. 解熱剤(座薬または内服薬)を使う

数時間熱を下げるだけのお薬で、熱を治してしまうものではありません。
「一時的なつらさ取り」です。

@ クーリングをしても熱が39℃以上でぐったりしている。
A さらに眠れない・水分が取れない。
B 熱はそれほど高くないが、頭痛や中耳炎の痛みが強いとき。

を目安に解熱剤を使うと良いでしょう。 ですから、熱があっても機嫌がよく、眠れるようならばわざわざ使う必要はないのです。

子どもの病気・子どものケガ TOPへ   ↑ ページTOPへ

小児科医院 東京都多摩市唐木田 唐木田こどもクリニック