子どもの病気 2

  熱性けいれん  

(1) 【熱性けいれん】 とは

乳幼児期(生後6ヶ月 から 4〜5歳 まで)には 発熱時にけいれん を起こすことがあります。

『 熱性けいれん』 は、体温が急激に上昇するときに見られるけいれんの症状 で、手足の硬直、顔色の不良、 眼球の上転 などが認められ、多くの場合 2〜3分 から 5分以内 におさまり、顔色も戻り意識が出てくるか その後は眠ってしまうこともあります。

頻回にけいれんを起こす場合は、発熱時には 【抗けいれん薬(ダイアップ座薬)】 を使用して予防しましょう。

(2) 起こった時の対処方法

@ あわてない ⇒ ひきつけは数分間で止まります。 命に関わることはまずありません。

A 何もしない ⇒ 口の中に指や箸を入れない(舌を噛むことはない)。
大声で呼んだり、体をゆすったり、押さえつけたりしない。

B 楽な姿勢に ⇒ 体を横向きに寝かせ、服をゆるめる。 ピンなどの危険なものは取り外す。

C 吐くと危ない ⇒ 「吐きそうなしぐさ」 をしたら体ごと横にして、吐いたものがのどにつまらないようにする。

D じっと見る ⇒ 時計を見て、何分続いているのか確かめる。
けいれんの様子をよく見て医師に詳しく伝えられるようにする。

(3) 【熱性けいれん】の予防

「熱性けいれん」 は 体温が急激に上昇するときに 最も起こしやすいので、体温が 37.5℃以上の発熱 に気がついたら、 できるだけ早く 『ダイアップ座薬』 を挿入してください。
( 5〜10分 ほどでけいれんを抑える働きが現れ、効果は 8時間 持続します)。

子どもの病気・子どものケガ TOPへ   ↑ ページTOPへ

小児科医院 東京都多摩市唐木田 唐木田こどもクリニック